ホーム > 日記 > 頭皮に合わないヘアケア用品が薄毛の原因

頭皮に合わないヘアケア用品が薄毛の原因

薄毛になる原因の一つとして、頭皮に合わないヘアケア用品が挙げられます。

ヘアケア用品というと、色々な商品が販売されていますが、頭皮に合わないものを選ぶと、薄毛を促進する場合があります。

頭皮に炎症を引き起こす可能性があるので、注意しなればなりません。

汚れを落として、髪の成育環境を整えてくれるのがヘアケア用品の役割なのですが、頭皮に合わないと逆効果になります。

薬局やスーパーに行くと、頭皮や髪にやさしいと謳ったヘアケア用品がたくさん販売されていますが、これらは全ての人の頭皮に合うとは限りません。

保存剤や防腐剤の中には皮膚を強く刺激し、乾燥させたり、アレルギーをもたらす化学物質もあります。

化学物質が頭皮に及ぼす影響は人によって違います。

弱々しい刺激に敏感な頭皮に対して刺激の強いヘアケア用品を使用すると、トラブルを生じるおそれがあります。

頭皮がダメージを受けると、結果的に薄毛になってしまいます。

頭皮に湿疹やかゆみが出やすく、元々薄毛の素因をもっている人は、頭皮にしみるような成分が入っているヘアケア用品は避けるべきです。

無添加マイナチュレ・シャンプー

 


関連記事

  1. フラッシュモブ

    フラッシュモブなくなって残念だ。やりたかったな。楽しみにしてたのにな。 次の機会...

  2. 頭皮に合わないヘアケア用品が薄毛の原因

    薄毛になる原因の一つとして、頭皮に合わないヘアケア用品が挙げられます。 ヘアケア...

  3. テスト

    テスト記事です。...