ホーム > ピックアップ > はじめる際の注意点

はじめる際の注意点

初めて始める時という段階では一番に下調べを横着してはいけません。

 

取引を行う前であるとすれば物事を理性的に見つめる事ができるゆとりがあります。

 

しかし、一回相場の内部へ立ち入ってしまうとどう試みても見解が主観的になる事が多く時々真っ当な判断を下せなくなる恐れが生じる。

 

それゆえに頭の中が合理的な状況でしっかりと準備する事が大切なのだ。

 

"事前準備"するためには、とにかくあなただけのシナリオを作る事からスタートする。

 

将来の相場はこうなるだろうからユーロを売買するというように、筋書きを書いていきます。

 

次にチャートをチェックしましょう。

 

過去のマーケットの上下動を確認して値動きを確認します。

 

すると、「現時点ではだいぶ低すぎる状況にある」とか、「もはや多数の方々が買い(あるいは売り)に動いているから、これから先売り(または買い)してももはややりようがない」などと見えてきます。

 

無論今となってはしかけるのが遅すぎるなと感じたならば、何もしないで、そこは諦めることが肝心です。

 

どう工夫しても自身の台本を妥協しないで無理やり新規エントリーすると為替相場にやられてしまい反対にマイナスになる可能性があります。

 

もっともたいがいの場合、準備が出来ている自身のシナリオを考えているとすれば買い(または売り)が遅いということにはならないでしょう。

 

たぶん、リアルにマーケットが動意する前の状況のはずだからです。

 

その次にとりあえず自分自身が売買しようとしている通貨の上下の動きを、見る事が重要です。

 

もしも、ドル高に向うという台本を考えたのであれば、ドルの上下動に注目しておきます。

 

外国為替相場の変化を注視し始めたばかりではドル円は動く気配を見せないで小さな変動を繰り返しているだけでしょう。

 

しかし、その上下動を正確に気をつけていると、あるところでじりじりと、円安の方向へと外国為替市場が動き始めてくる。

 

この状況でようやく、ドル買いの新規注文を出すのだ。

 

一般的に、そこまで緻密に用意を進めておけば、そのトレードで勝利する率は結構高くなります。

 


関連記事

  1. はじめる際の注意点

    初めて始める時という段階では一番に下調べを横着してはいけません。   ...

  2. テスト

    テスト記事です。...